F1 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG F1
フェリペ・マッサは、メルセデスは2018年にルイス・ハミルトンを勝たせることを優先すると考えており、ハミルトンがチームメイトに悩まされることはないだろうと語る。

メルセデスは常にドライバーを平等に扱っていると主張しているが、2017年にF1を引退したフェリペ・マッサは、ルイス・ハミルトンはバルテリ・ボッタスに対して優位性を持っており、事実上チームには優先順位がついていると語る。

「来年、メルセデスは100%完全に彼(ハミルトン)の側につくだろう」とフェリペ・マッサは Autosport にコメント。

「だから、彼は以前のニコ・ロズベルグとのようにチームメイトと問題になることはない」

「実際、多くことが彼の側にあるし、彼は常に自分自身をどんどん向上していくことができる」

2008年の最終戦ブラジルGPでわずか1ポイント差でルイス・ハミルトンとのワールドチャンピオン争いに敗れたフェリペ・マッサは、昨年のルイス・ハミルトンの献身と一貫性の高さに改めて大きな感銘を受けたと語る。

「ハミルトンは完璧な仕事をした。彼はシーズン序盤の数千でいくつか小さな問題を抱えていた。彼はペースだけでなく、クルマ周りのいくつかのことに苦労していてが、彼らはそれを解決したと思う」

「彼は本当に素晴らしい仕事をしているし、レースを楽しんでいる。彼はそこからベストを引き出すだけでいい。彼は達成してきたすべてに相応しい」

「彼は今年、F1の歴史でどのドライバーにも引けを取らないドライバーになった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェリペ・マッサ / ルイス・ハミルトン