メルセデス パスカル・ウェーレイン エステバン・オコン
メルセデスは、パスカル・ウェーレインとエステバン・オコンが2016年のリザーブドライバーを務めることを発表した。

昨年、DTMタイトルを獲得したパスカル・ウェーレインは、メルセデスのF1チームでリザーブドライバーを務めていた。

しかし、今年パスカル・ウェーレインはマノーでF1レースデビューを果たすことが決定している。

だが、モータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、必要な場合は、パスカル・ウェーレインがメインチームにステップアップをする可能性はあり得ると述べた。

「かなり前もってそのようなことが起こった場合、我々はパスカルとマノーと一緒に解決策を見つけるだろう。だが、マノーがそれによって損害を受けないことが重要だ」

「我々は急にパスカルを引き抜くようなことはしたくない」

「非常に短い予告でそのような状況になった場合、エステバン・オコンが選択肢となるだろう」

昨年GP3チャンピオンを獲得したフランス出身のエステバン・オコン(19歳)は、メルセデスの育成プログラムの有望株としてパスカル・ウェーレインに続いている。

2016年は、パスカル・ウェーレインの後任としてメルセデスからDTMに参戦しながら、新生ルノーのサードドライバーを務める。

「オコンは、メルセデスのシミュレーターをわかっているし、我々はすでに彼のシートを作っている。その場合、我々はルノーと同意に達するだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | エステバン・オコン