マクラーレン MP4-25
McLAREN MP4-25 MERCEDES
マクラーレンの2010年F1マシン「MP4-25」。マクラーレンは毎年ローテーションでトップデザイナーが開発を指揮しており、MP4-25はMP4-23の指揮をとったティム・ゴスが担当。

MP4-25は、非常に急進的なデザインを採用。サイドポンツーンは、過激なハイエントリーローバックスタイル。ラジエータ吸気口は正方形に近い形状がとられ、エギジーストの処理も独創的。フロントウイングのエンドプレートやフラップなどもより複雑化。エンジンカバーにはシャークフィンが装着され、後端はリアウイングと一体化されている。

マクラーレンMP4-25 主要諸元

形式マクラーレンMP4-25
シャシーフロントとサイドに衝撃吸収構造を組み込んだマクラーレン製成形カーボンファイバー・コンポジット
サスペンション内装トーションバー/ダブルウィッシュボーン配置のプッシュロッド、ベルランクによるダンパーシステム(前後)
ダンパーコニ製
エレクトロニクスシャシー、エンジン、データ収集用の電子装置を組み込んだマクラーレン・エレクトロニック・システムズ製コントロールユニット。またマクラーレン・エレクトロニック・システムズは、電子ダッシュボード、オルタネータの電圧制御装置、センサ、データ解析システム、テレメトリ・システムなども供給。
ボディワーク構造カーボンファイバーコンポジット。分離型エンジンカバー、サイドポッドカバー、フロアセクション。フロントウィング一体型ノーズ。アクゾノーベル社提供によるペイントソリューション。
タイヤブリヂストン・ポテンザ
無線ケンウッド製
ホイールエンケイ製
ブレーキアケボノ製
ブレーキマスターシリンダーアケボノ製
バッテリーGSユアサ製
ステアリングマクラーレン製パワーアシスト
機器マクラーレン・エレクトロニック・システムズ製
ギアボックスリア衝突吸収構造を組み込んだマクラーレン製成形カーボンファイバーコンポジット
ギアセミオートマチック、7速+リバース1速
ギアセクションマクラーレン製シームレスシフト、手動式フライ・バイ・ワイヤ
クラッチカーボン/カーボン、手動式フライ・バイ・ワイヤ

エンジン諸元

形式メルセデス・ベンツFO108W
排気量2.4リッター
気筒数8
最高回転数18,000rpm
Vアングル90度
ピストン口径98mm(FIA規定)
バルブ数32
燃料Mobile1製無鉛(5.756%のバイオ燃料含む)
点火プラグメルセデス・ベンツF1エンジンのために特別設計されたNGKレーシング製スパークプラグ
潤滑油Mobile1製(低摩擦、耐摩耗性潤滑油)
重量95kg(FIA規定重量)

MP4-25 フロント MP4-25 トップ

関連:マクラーレン、MP4-25を発表 - 2010年1月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | F1マシン