マクラーレン 「レッドブルF1は制裁によって開発を選ぶことになる」
マクラーレンのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、コストキャップ違反によってチームに課せられた空力ペナルティを考慮して、今シーズンのマシンを開発する際にレッドブル・レッドブルが「より慎重に戦いを選ぶ」ことになると予想する。

昨年、FIA(国際自動車連盟)によるチームの会計監査の結果、レッドブル・レーシングは2021年に義務付けられた1億4500万ドルの予算上限を180万ドル超過した罪で有罪判決を受けた。

この違反は FIAによって「軽微」と認定されたが、この違反により、レッドブル・レーシングには、700 万ドルの罰金と空力開発時間の10%削減に代表される競技的な制裁が加えられた。

最終的な結果として、レッドブル・レーシングは、320 回の実行で 400 時間の風洞実験を可能にするベースライン空力テスト割り当ての63%しか実施できず、フェラーリの75%と比較した場合、1日あたりの2回以下少ない。

レッドブルF1の最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、制裁は必然的にチームの2023年F1マシンのデザインの開発に重くのしかかるだろうと述べている。

「内部テストの削減は、評価が少なくなることを意味する。異なるコンポーネントや異なるアイデアが少なくなる」とエイドリアン・ニューウェイは説明する。

「我々が本当に頭が良く、常にモデルに適切なものを当てはめていれば、大きな違いはない。しかし、それはそれがどのように機能するかではない」

「うまく機能すると期待していて機能しないパーツもあれば、その逆もある。だから難しい。間違いなく我々に影響を与える制限だ」

マクラーレンで同じ役割を果たしているジェームズ・キーは、レッドブル・レーシングに課せられた制限にどのようにアプローチするかについて彼の見解を示した。

「それは興味深い質問だ」とジェームズ・キーはメディアに語った。

「優先順位をもう少し慎重に選択する必要があると思う。

「何年にもわたって、ATR(空力試験制限) がますます重くなったことで我々が対処してきたよりも、我々の誰かがCFDと風洞の時間を10%短縮しなければならなかった場合、現在はコスト上限があるため、状況に適応し、自分の強みを発揮しなければならない」

「『ここではキャパシティが少し少ない』と思うし、開発率を維持するためにもう少し慎重に選択しようとなるのが
まさに意図されていることだ」

「我々は今、チームがATRにアプロートしたのとまったく同じ帯域幅を持っていない。ATRは年々増えてきている。状況から最善を尽くすように適応するだけだ」

「そして、次の年に戻ってきたときに、おそらくその学習の一部を持ち越して、もう少し効率的になると思う」

「それはどのチームにもマイナスの影響を与えるだろう。現実的に過去に実施したのと同じことを実行して、時間を使い果たし、次の CFD および風洞期間に戻るまで待たなければならないようなことはしない」

「適応し、もう少し慎重に戦いを選ばなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レッドブル