ザク・ブラウン、F1予選での赤旗原因者へのペナルティは「簡単な解決策」
マクラーレン・レーシングのザク・ブラウンは、F1の公式予選セッションで赤旗の原因となって他のドライバーのラップを台無しにしたドライバーにペナルティを科すように求めたカルロス・サインツの意見に支持を表明した。

F1モナコGPでの予選Q3でのセルジオ・ペレスのアクシデントによって、赤旗ルールが再び脚光を浴びた。

コースを塞いだセルジオ・ペレスの車に追突してダメージを負ってセッションを途中で終えることになったカルロス・サインツは、ライバルの最後の走行を台無しにしたドライバーにペナルティを科すことを熱望していると語った。

ザク・ブラウンはアブダビで開催されたF1コミッションの会議でこの問題を提起し、FIA(国際自動車連盟)の競技諮問委員会で議論されるべきであることに同意した。

「カルロスが言ったことは、ドライバーがラップを完了するのを事実上妨害した赤旗や黄旗についてだった思う」とザウ・ブラウンは語った。

「他モータースポーツでは、それらはペナルティーを科され、そのセッションからファステストラップを抹消される。すべてのドライバーは1ラップのランを行う傾向があるため、それが意図的であるかどうかに関わらず、ドライバーにペナルティが科される。他人のラップを台無しにしてしまったからだ」

「これは簡単な解決策だと思う。すぐに実装できる。ドライバーがバックアウトしなければならなくなり、ラップを失い、再び走らなければならなくなり、チャンスがなくなるかもしない。別のタイヤセットを使用しなければならなくなるかもしない。それが最も簡単な解決方法だと思う」

他のチームのプリンシパルも、このテーマは検討に値するものであることに同意している。

「これは良いアイデアだというザクの意見にも同意する」とメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは語った。

「私が間違っていなければ、フォーミュラEでは最速ラップが抹消されていると思う。したがって、我々もが実装できることだ」

しかし、アストンマーティンのF1チーム代表であるマイク・クラックは「私はこれについて白黒の意見を持っていない」と取り締まりは難しいことを示唆した。

「ケースバイケースでスポーツアドバイザリーに行く必要があると思うし、過去10年間にあった状況を確認する必要があると思う。良くなかったときに誰かを有罪にするのは非常に簡単だからだ」

「そうでなければならないと言うのは簡単だと思いますが、そうするのは難しいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン