マクラーレンF1首脳 「過去の“障害”をようやく取り除くことができた」
マクラーレンF1は、新世代F1マシンのMCL36で過去に苦しんできた低速コーナーの“障害”をようやく取り除くことができたと信じている。

2022年に導入された新世代F1マシンは、後続のドライバーの妨げになっていた車からの汚れた空気の影響を最小限に抑えることを目的として設計され、グランドエフェクトカーへと生まれ変わった。

同時に、新しいF1レギュレーションは、過去数年間のマクラーレンF1の弱点、つまり低速ターンに対処するのに役立った。

「低速は完璧ではないが、我々が前の年に持っていたリアルな障害ではなくなった」とマクラーレンF1のテクニカルディレクターであるジェームズ・キーはThe Raceに語った。

この問題は完全には解決されていないが、ジェームズ・キーは、それはマクラーレンF1の問題ではなく、2022年ましんの「特性」が原因であると考えている。

「そのいくつかはこれらの車のより広い特徴であることは確かだ。去年とは全く異なる理由でまだこれらの車の少しの特性だ」とジェームズ・キーは説明した。

「以前に発生した問題の背後にある理由はほとんどない。それらが何であるかはわかっていたが、シーズン中に行うのが常に難しいいくつかの重要なエリアでの大規模な変更と新鮮なアプローチなしに予算を組むことは本当に困難だった」

2022年のキャンペーンで8ラウンドが終了したことで、ジェームズ・キーはマクラーレンF1がMCL36とその最適なセットアップをより理解し、さまざまなコーナータイプでのパフォーマンスレベルのバランスをとることができたと語る。

「今年の序盤のレースを終えて、車のセットアップを繰り返し、入手したプラットフォームを中心に最適化し、使い方を学び、機械的な調整を行い、また車をよりメカニカル的にセットアップできるようにメカニカルの調整を行い、バランスをとったことで、今ではコーナースピード別にバランスがとれている」とジェームズ・キーは語った。

「我々はまだ中速に強いが、おそらく高速では特別なことは何もない。弱点ではないが、平均的なものだ。GPSオーバーレイを見ると、スペインではかなり良かったと思う」

「低速は、和得r割れが望んでいたことを車に実行させることができなかった以前のような本当に難しい状況ではなくなった」

「それで、ある程度は設計によるが、ある程度はレギュレーションによって、低速パフォーマンスを確実に改善している方向性を見つけた」

「まだ少し気になるいくつかの種類のコーナーがある。しかし、本当に強い高速と時には本当に悪い低速という大きな不均衡をはない

そして、これはマクラーレンが低速セクションでゲインを見つけるのに最適な時期だ。キーは、グランドエフェクト効果の空力に依存する新しいレギュレーションにより、トラックのこれらのセクションでさらに多くのゲインが得られると考えている。

「ダウンフォースのレベルが上がるのを見ると、そういった低速コーナーは車の違いにとってこれまで以上に重要になる」とジェームズ・キーは語った。

「スペインの予選オーバーレイの例を見ると、メルセデスとレッドブルがどのように行われたかを見ることは興味深い。正直なところ、高速はすべて非常に似ている」

「そして、パフォーマンスの差別化要因は低速になり始めている。今では、ダウンフォースによって、すべての人の高速がますます容易になっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン