マクラーレン、インディカー用の新施設をインディアナ州に建設
マクラーレン・レーシングは、アロー・マクラーレンSPチームのための新しいインディカー施設を発注したことを確認した。建設は2022年後半に開始される予定。詳細な設計と計画はすでに進行中であり、徹底的な詳細設計と計画はすでに進行中であり、新しい施設は2023年から2024年初頭にかけて段階的に稼働することが見込まれている。施設はインディアナ州ホワイツタウンのインディアナポリスの北に位置する。

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、インディアナ・グローバル・エコノミック・サミットに出演した際にこのニュースを発表した。

アロー・マクラーレンSPは、2023年にNTTインディカーシリーズで3台のフルタイムエントリーをしており、チームは長期的に拡大することを目指している。インディカーと北米の重要性に対するマクラーレンの取り組みを反映して、新しい建物は現在の施設の2倍以上のサイズになり、97,000平方フィート以上のスペースがある。新しい施設はまた、さまざまなカテゴリーにわたって、かなりの数の追加の高品質の仕事を提供する。

持続可能性は、最初から設計と建設の中心的な焦点であり、生態学的な特徴は人々の幸福に焦点を合わせている

新しい施設は、近代的なオフィススペースと技術エリア、ワークショップスペース、ロジスティクスおよび輸送エリア、さらにはチームがピットストップを練習するための専用スペースを組み合わせている。建物にはスポーツ科学に重点を置いたジムもあり、すべての従業員がコースの内外で身体的および精神的な健康に集中できるようになる。

この施設はまた、テクノロジーとエンジニアリングの進歩に焦点を当て、インディアナポリスでのマクラーレンの歴史とモータースポーツの血統を尊重している未来を見据えている。 Accelerator&Engageなどのマクラーレンの高度な開発プログラムは、施設で大きくフィチャーされる。

マクラーレン・レーシングは、8月または9月に土地の準備と建設を開始することを目指しており、推定建設期間は18か月強としている。

ザク・ブラウン(マクラーレンレーシング CEO)
「本日、このニュースを発表できることをうれしく思う。アロー・マクラーレンSPの長期戦略の一部は、チームを将来に適した新しい施設に移転することだ。これはインディカーに対する我々のコミットメントと、インディアナポリス市のホワイツタウンのコミュニティ、そしてスポーツが始まって以来インディカーの本拠地であるインディアナ州に対する我々のコミットメントの明確な兆候だ」

テイラー・キール(アロー・マクラーレンSP社長)
「この新しい施設は、北米のマクラーレン・レーシングのモータースポーツとビジネスの成長を促進するだろう。我々は、プロセス全体を通してホワイツタウンの関係者と協力し、ハードワークと卓越性のための環境を確実に作成している。我々は、チームが勝利とチャンピオンシップを競うために必要な最先端のリソースにアクセスできるクラスをリードする新しい家を持つことを楽しみにしている。このような投資はインディカーの地域的および全国的な興奮と成長を示している」

エリック・ホルコム(インディアナ州知事)
「モータースポーツのリーダーとしてのインディアナの評判は、マクラーレン・レーシングのような企業が我々の州に投資することを選択することで、スピードを上げ続けている。最近のヨーロッパ旅行中にチェンバーズと私がザクブラウンに会ったとき、我々は持続可能性と適応性が彼らの成功の鍵であることに心から感銘を受けた。それは、我々がここインディアナで構築しているものと完全に一致している」

ブラッド・チェンバース(インディアナ州商務長官)
「マクラーレン・レーシングが質の高いキャリアを生み出し、州のすでに活気に満ちたモータースポーツ業界に加わったことで、インディアナ州でのマクラーレン・レーシングの成長をサポートできることを誇りに思う。これにより、世界のモータースポーツの首都としてのインディアナ州の地位がさらに強固になる。同社の持続可能性への注力は、IEDCの将来の5Eビジョンと正直に一致している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー