マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドは我々の期待に応えていない」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1スペインGPでのもう1つの残念なパフォーマンスに続いて、「我々の期待に応えていない」と奮起を求めた。

2021年シーズンにマクラーレンF1チームに加入して以来、ダニエル・リカルドは、昨年9月のイタリアGPでのサプライズ勝利を除けば、ほとんどが期待外れな結果だった

今年の新世代のF1マシンの導入によって、昨年よりもはるかに平等な競争の場となったが、それでもチームメイトのランド・ノリスとダニエル・リカルドのパフォーマンスにはには依然として明らかな格差がある。

イモラで表彰台を獲得したランド・ノリスは、今シーズン、レッドブル、フェラーリ、メルセデス以外から39ポイントを獲得したトップドライバーだが、対照的に、ダニエル・リカルドは11ポイントしか獲得できていない。

バルセロナでは、ランド・ノリスはグリッドポジションで3つ上げて8位でフィニッシュしたが、ダニエル・リカルドに関しては、9番グリッドから12位に後退するという正反対の結果となった。

ダニエル・リカルドは、レース序盤にライバルのようにタイヤのスイッチを入れることができず、彼にとって「本当に本当に悲しいレース」だったと説明した。

「それは報告会や今後数時間で求めていく問題だ」とダニエル・リカルドは語った。

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドのチームでの時間は、関係者が望んでいたようには進んでいないことを認めた。

「ランドには間違いなく優位性がある。明らかにダニエルはランドにもっと近づき、チーム内での戦いがうまくいくことを望んでいる」とザク・ブラウンはSky Sports F1に語った。

「ダニエルはまだ車に慣れていない。我々はできる限りのことを試みている。今回もまた残念な週末だった」

「モンツァのようなものは少なく、いくつかのレースもあるが、全般的に彼や我々の期待に応えていない」

「チームとして一生懸命働き続け、コミュニケーションを続け、プッシュし続け、現時点でしっくりきていないことが、すぐにうまく進むこと願うことしかできない」

しかし、一人のドライバーの評価が下がれば、もう一人のドライバーの評価は上がる。ザク・ブラウンは、ランド・ノリスが、レッドブルでのセルジオ・ペレスに対するマックス・フェルスタッペン、フェアーリのカルロス・サインツに対するシャルル・ルクレールと同じように、自分自身を確立していると感じている。

「シャルルとカルロスのギャップ、マックスとセルジオのギャップを見れば、ランドがどれほど優れているかも示していると思う」とザク・ブラウンは語った。

「チームメイトの間にはギャップがあり、ランドは現時点で世界最高のドライバーの1人だと思う。また、存在するギャップを見れば、ランドがいかに優れているかを褒め称えていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド