マクラーレンF1、今季初のダブル入賞 「レースでも進歩を確認できた」 / F1オーストラリアGP決勝
マクラーレンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの決勝で、ランド・ノリスが5位、ダニエル・リカルドが6位に入り、今シーズン初のダブル入賞を果たした。

開幕戦ではノーポイント、第2戦でも2台揃ってQ2敗退を喫していたマクラーレンだったが、メルボルンでは競争力を高め、2台揃ってQ3に進出。決勝でも母国レースのダニエル・リカルドが今季初ポイントを獲得し、ダブル入賞で終えた。

アンドレアス・ザイドル(チームプリンシパル)
「今日の5位と6位。 2台の車が完走し、シーズンの最初のダブルポイントフィニッシュとなった。これはチームにとって素晴らしい結果だ。ガレージ、ファクトリーの全員のすべてのハードワーク、そして、メルセデスHPPの同僚のおかげだ。レースでも週末にわたる車のパフォーマンスの進歩が確認できて良かった。週末を通して車で素晴らしい仕事をしてくれたランドとダニエルに特に感謝している。車から我々が持っているすべてのものを引き出した。我々のピットクルーについて言及することも忘れてはいけない。 今日も2つの優れたピットストップがあった。この結果をモチベーションとして、クルマのパフォーマンスを向上させるために懸命に努力を続けていく。メルボルンはいつものように、レースに来るのに最適な場所だった。ダニエルが加入したことは、今週末はさらに多くの人が我々を応援してくれたことを意味し、彼らに祝う何かを与えられたことは本当に喜びだった。ファンからのサポートは素晴らしかった。 オーストラリアに感謝する」

ランド・ノリス(5位)
「それなりのレースができた。 最初のラップはベストではなかったけど、最終的に僕たちはチームとしてまだ良いポジションにいるし、これ以上のことはできなかったと思う。 メルセデスは今日の僕たちよりもはるかにペースが良かったと思うし、僕たちは最終的に結果に満足している。僕たちにとって良いポイントだし、素晴らしいピットストップ、そして、チームからの良い進歩だ。今日学んだことを取り入れて、次の数レースに持ち込みたい」

ダニエル・リカルド(6位)
「チームにとってポジティブな週末だった。進歩に満足しているし、チームリザルトとして、僕たちはできる限りすべてのことをやったと思う。レースの前半はポジティブだったと思うけど、まだ少し取り組むべきことがある。おそらくその2回目のスティントで、ハードタイヤで少しペースを落としていた。少し戻ってきたけど、まだ少し理解しなければならないことがある。引き続きそこに取り組んでいくけど、全体として週末は順調だった。今年の最初のポイントをホームに持ち帰ることができてうれしい。これは、ここに来てくれたすべてのファンにとっても素晴らしいことだし、かなり満足しています。僕たちはメルボルンを良いスピリットで離れることができる。僕がここを良いスピリットに去ってからおそらく4年が経っていたし、いい気分だ」

マクラーレン F1 オーストラリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1オーストラリアGP