F1参戦が噂のアウディ、マクラーレン・グループ全体を買収との報道
アウディは、マクラーレン・グループ全体を買収したとAutocarが報道。アウディのF1への参入を保証する取引だと報じた。

マクラーレン・レーシングを含むマクラーレン・グループは、自動車部門の売上が新型コロナウイルスの世界的なパンデミックの影響を受け、過去18か月で財政的に苦戦している。

2020年以来、グループはいくつかの資金調達と財務再編イニシアチブを経て、昨年の夏、投資会社のアレス・マネジメント・コーポレーションやサウジアラビアの公共投資基金を含む新規および既存の株主から5億5000万ポンドの資金注入を受けた。

資本増強の動きは、マクラーレンの「グローバルなラグジュアリースーパーカーおよびエリートモータースポーツビジネスとしての成長計画」を支援するために実施された。

マクラーレン・レーシングも最近、株主基盤を再構築し、米国のスポーツエージェンシーであるMSPスポーツに15%の持分を1億8500万ポンドで売却した。

アウディの買収によるマクラーレン・グループも買収は、マクラーレンのロードカー部門への幅広い影響を超えて、F1への参入を確実にし、スポーツが新しいエンジン規制を導入する2026年からアウディがマクラーレンのマシンにパワーユニットを供給する見込みだ。

しかし、マクラーレンとアウディの提携は、ポルシェがF1チームと提携することを妨げるものではなく、独自のパワートレイン部門を設立しているレッドブルがその選択のパートナーになるとの憶測が高まっている。

アウディとマクラーレンの間で契約が締結されたとAutocarは自信をもって報じているが、どちらの会社も買収を確認していない。さらに、メディアのさまざまな報道では、BMWもマクラーレンに入札したと推測している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / アウディ