マクラーレン、F1参戦のアウディとエンジンパートナーシップの噂を否定
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1参戦のアウディにエンジンサプライヤーを切り替える可能性があるとの報道は“純粋な憶測”と否定した。

フォルクスワーゲン・グループは、2026年の新しいF1エンジン形式の下でF1に参入することに関心を持っていることを隠していない。ポルシェはレッドブル、そして、アウディアはマクラーレンとの提携を狙っていると言われている。

過去にWECでポルシェのLMP1チームの代表を務めていたアンドレアス・ザイドルは「それは純粋な憶測だ」とアウディの噂について Sport 1 に語った。
「そういったことにはコメントしたくない」

「我々はエンジンパートナーのメルセデスに非常に満足しており、パートナーシップは数年間続く予定だ。それが私たちの焦点だ」

アンドレアス・サイドルは、ドライバーの観点からマクラーレンの将来については喜んでは話をする。最近、ランド・ノリスは、マックス・フェルスタッペンに次ぐF1で最も人気のあるドライバーに選ばれた。

それだけでなく、21歳のランド・ノリスは、マックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンを含めたF1ベストドライバーとして言及されている。

「私はこういった比較のファンではない」と アンドレアス・ザイドルは語った。

「明らかなことは、ドライバーは3シーズン目に完璧になることはできないということだ」

「しかし、彼がワールドチャンピオンになるために必要なすべてを持っていることも明らかであり、我々は彼と長い間一緒にいることを計画している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / アウディ