マクラーレンF1のザク・ブラウン、慈善企画でモンツァ勝利のタトゥー
マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフによって指名されたチャレンジの一環としてタトゥーを入れ、“最大の恐怖”に直面した。

この賭けは、F1で働いたことがある人や苦労している人々を支援する慈善団体『Grand Prix Trust』が開始した業界リーダーチャレンジの結果としてもたらされた。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ザク・ブラウンに何か怖いことをするように指名。針を嫌うことで有名なザク・ブラウンはタトゥーを入れることを選んだ。

F1アメリカGPに先立って、ザク・ブラウンは、地元のタトゥーパーラーを訪れ、ダニエル・リカルドがF1イタリアGPでマクラーレンに9年ぶりに勝利をもたらしたことに敬意を表して、モンツァ・サーキットとその日付である『9.12 2021』のタトゥーを入れた。

タトゥーの裏話についてザク・ブラウンは「最大の恐怖に直面しなければならないときがある」とコメント。

「それは実際には、Sky とGrand Prix Trust を通して起こった。チームのボスが彼らを怖がらせる何かをするために毎年指名される」

「トトは去年私を指名した。針は私を十分に怖がらせる。それで、いかに楽しく、本物で、そして、適切に恐ろしいものであるかを考えていて、タトゥーを入れるというアイデアを思いついた」

「それなら、ダニエル自身がタトゥーのファンであり、最近、彼が勝ったことを踏まえて、その2つを結び付けた。彼に私の手を握ってもらうことができるのではないかとね!」

Grand Prix Trust は、ザク・ブラウンが、来年自分で何かさせる著名な個人をF1から指名できる。

しかし、ブラウンは彼が誰を選んだかについては口を閉ざした。

「私はそれが誰かは知っている。私が指名したのだからね」とザク・ブラウンは言った。

「スポーツの重要な人物、個性を指名する。これまでのところ、3人のチームボスが続いているが、それだけではない。エンジニア、ドライバー、スポーツの中で重要な個性を持つ他の人々などが考えられる」

「自分で計画を立てるのは個人の責任であり、私が指名した人がまもなく公開されると思う。言うことは許されません。禁句だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン