マクラーレンF1、レッドブルやメルセデスとのチーム力の差を痛感
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1イタリアGPでの1-2フィニッシュは“最高のモチベーション”だが、成功に夢中になることはできないと襟を正す。

ダニエル・リカルドは、F1イタリアGPで勝利し、マクラーレンの9年間にわたる未勝利に終止符を打った。また、チームメイトのランド・ノリスも2位でフィニッシュし、11年ぶりの1-2フィニッシュを達成した。

マクラーレンは、モンツァで、金曜日の予選で4番手と5番手、スプリント予選で3番手と4番手と、週末を通して強力なペースを示した。

しかし、1週間前のF1オランダGPでは、ランド・ノリスが10位、ダニエル・リカルドが11位とわずか1ポイントしか獲得できていなかった。

「結局、メルセデスとレッドブルを見て尊敬しているのは、週末ごとに勝利のために戦うことができるマシンを持っていることだ」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「そこが、彼らと獲得してチームとして我々のギャップだ。我々にとってセンセーショナルな結果だった。しかし、わずか7日前にはパフォーマンスの面で完全に破壊されていた」

「そこが我々がトップチームと我々のマシンとの間にまだ存在するギャップです。だからこそ、あらゆるタイプのサーキットでこのギャップを埋めるために、我々は懸命に努力し続けなければならない」

「しかし、日曜日のような日は、継続するための最高のモチベーションになる」

「我々は、両方のドライバーが今週末に示したものに非常に満足している。ダニエルは夏休み以来、彼が望んでいる場所、我々が彼に望んでいる場所に戻るための一歩を踏み出した」

「そして、それに加えて、今年信じられないようなフォームのランドがいる。フェラーリのために戦うため、そして、再びフォーミュラ1の最前線に向かって旅を続けるために必要なドライバーのラインナップだと思っている」

マクラーレンの1-2の結果により、コンストラクターズチャンピオンシップでの3位争いで、フェラーリを14.5ポイント上回った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン