マクラーレンのザク・ブラウン、新型コロナ感染でF1イギリスGPを欠席
マクラーレンF1のザク・ブラウンが、新型コロナウイルスに感染したことで、今週末のF1イギリスGPに参加しないことをチームが発表した。

レースウィークエンドは、ドライバーのメディア対応で木曜日にスタートする。また、2022年に次世代F1マシンがお披露目され、金曜日にシルバーストンでコース上でのアクションがスタートする。

しかし、木曜日のランチタイムに発表された声明の中で、マクラーレンはザク・ブラウンとチームの他の2人のメンバーが新型コロナウイルスの検査で陽性となり、隔離していることを確認した。

「マクラーレン・レーシングは本日、イギリスGP前のチームの厳しい検査プログラムで、CEOのザクブラウンを含む3人のチームメンバーが新型コロナウイルスの検査で陽性であったことを確認した。どちらのドライバーも濃厚接触はない」とマクラーレンF1は声明で述べた。

「3つのケースはすべて関係しておらず、現在、政府のガイドラインに従って隔離されている。イギリスGPのチームの運営は影響を受けない」

ザク・ブラウンは、ツイートの中で、週末を通して自宅で仕事をするだろうと語った。

「イギリスGPでのチームのイベント前の検査に続いて、新型コロナウイルスのテストで陽性だった。すべての密接な連絡先に通知し、政府のガイドラインに従って隔離している。家から安全に接続して、引き続きチームをサポートする」

マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、オフシーズンの1月に新型コロナウイルスの検査で陽性だったが、軽微な症状しかなく、プレシーズンテストまでに回復した。

ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレス、ランス・ストロール、シャルル・ルクレール、ピエール・ガスリーも過去18か月間で新型コロナウイルスに感染したが、パンデミック時のF1の厳格なプロトコルに従って、全員が即座に自己隔離した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1イギリスGP