マクラーレンのザク・ブラウン 「新しいプロジェクトはF1に影響を与えない」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、チームの新しいスポーツベンチャーがF1への注力に影響を与えるリスクはないと語る。

マクラーレンは先週、2022年のエクストリームEに参戦することを発表。マクラーレンはすでにインディカー・シリーズで成功を収めており、またフォーミュラEとは2022年からGen3時代に参戦するオプションを与える契約にサインしている。

だが、ロス・ブラウンは、FIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦することに関しては長期的な目標であり、すぐにスポーツカーの運営を開始することは除外する。

ザク・ブラウンは「我々が決してやってはならないことは、F1の努力をそらしたり、もしくは損なうことだ」と語った。

「一度に一歩ずつ進んでいく必要がある。我々は噛んだものを消化できることを確認する必要がある」

「インディカー、エクストリームE、それらはすべて補完的ばものであり、F1の取り組みを加速するのに役立つ。インディカーのタイトルパートナーであるアローは現在、F1チームの大きなパートナーだ」

ザク・ブラウンは、、インディカーに参戦し、エクストリームEに参入することができたのは、F1でのマクラーレンの競争力の復活のおかげだと科tる。

「確かに、2019年に我々を巻き込んだ状況に陥ることはできない。噛めるものよりも、少し多く噛んでしまったと思っている。その結果がインディアナポリスで出た」

2019年は、フェルナンドアロンソのモータースポーツの“3冠”への2回目の挑戦をした年だったが、アロンソは、レースに出走する33台のグリッドに入ることができなかった。いわゆる予選落ちだ。

「ファクトリーの全員に言っていることだが、ミスをするのは問題ない。同じミスを2回しないことだ。マクラーレンのレーシングポートフォリオに追加するときは、確かに非常に慎重になる」とザク・ブラウンは語った。

しかし、ザク・ブラウンは、エクストリームEにさんs年するために必要な労力とリソースは、F1世界選手権に出場するために必要なもののほんの一部であると指摘した。

「23戦のグランプリで70、80、または100人と比較して、5つのイベントでのチームの7人、8人、または9人で競争するのは同じ作業負荷とは言えない」

今週エクストリームEについて発表したザク・ブラウンは、他のオプションを評価しており、やがて発表するだろうと語った。

「我々はこの発表を発表し、落ち着いてから、他のシリーズの決定を検討し始めたいと思っていた」

ザク・ブラウンはCEOとしての役割から離れて、自分のハンドルを握りたいと考えており、6月18〜20日にザントフォールトで開催されるGT4ヨーロピアンシリーズに出場し、自身のユナイテッドオートスポーツチームがエントリーしたマクラーレン570Sを運転する。

彼の仲間のオーナーであるリチャード・ディーンは、シリーズへの1回限りの出場のコ・ドライバーを務める。

「ザントフォールトでレースカーのハンドルを握ることができることにとても興奮している。マクラーレンのチームと数回テストをしたことがあり、ザントフォールトに向かう準備はできている。私たちに何ができるか見てみよう」

「ここ数年は歴史的なレースに焦点を合わせてきたので、現代のレースに戻るのは素晴らしいことだ。トラックに戻るのが待ちきれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン