ザク・ブラウン 「F1とインディカーはテレビ中継についてお互いに学べる」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、テレビ報道に関してF1とインディカーはお互いに学ぶことがあると感じている。

F1は、オーディエンスの視聴体験を向上させるという点で立ち止まっていないのは確かだ。近年、データ グラフィックスは放送の重要な部分となり、現在ではFIAとチーム間の無線もテレビフィードで流されている。

しかし、選手末のF1モナコGPでは、非常に間が悪いタイミングで別の場面にカメラに切り替えていくつかの重要な瞬間が見逃されるなど、テレビ報道には多くの批判があった。

F1のフィードはさまざまな世界の放送局に送られている。(モナコの場合はACMが放送を担当)。

ザク・ブラウンは、F1のテレビ報道は実際には非常に強力であると信じているが、インディカーとF1の両方のカバレッジには、また新たなアイデアを取り入れることで改善できる領域があると考えている。

「Sky SportsのF1放送を見て、彼らがデータを通じてどのようにストーリーを伝えているかを見れば、率直に言って、インディカーのレースの方がよりスペクタクルであることが多い。F1の週末も非常にエキサイティングが、F1がどのように示すことができるかを見れば、放送のおかげでかなりエキサイティングなストーリーになっている」とザク・ブラウンは語る。

「インディカーに関してはまだ改善の余地があると思うが、同時にヘルメットカメラのようなものもある。これは本当に素晴らしいもので、F1にも採用すべきだ。私は両方を見ることができる特権的な立場にあり、双方がお互いから学ぶ必要があると思う」

ザク・ブラウンは最近、マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリス、Sky F1のコメンテーターであるマーティン・ブランドルと一緒にインディカーを見たと語った.

開幕5戦5人の異なるウィナーが出ているインディカーのレースの品質に批判ははない。ザク・ブラウンは解説の仕事を楽しんでいるが、放送に組み込むデータをさらに増やす必要があるというインディカーの考えに戻った。

「スポーツがまだ進歩できるところを見れば、ストーリーの伝え方は、より多くのデータによって改善できると思う」とザク・ブラウンは説明した。

「ランド(ノリス)とマーティン・ブランドルと前回のレースを見た。コメンテーターは素晴らしいことをしているし、放送の質も素晴らしいし、レース自体にも同じことが言える。だが、少しのデータを欠いている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー