マクラーレンF1、新加入のダニエル・リカルドにチームプレイを望む
マクラーレンF1は、ドライバー間の緊密なコラボレーションを維持するために新加入のダニエル・リカルドを適応させる必要がある可能性があると考えている。

ランド・ノリスとカルロス・サインツは、チーム内でのライバル関係はあるにせよ、マクラーレンでの2年間で友好的な関係を維持してきた。二人の高いレベルでの協力関係は、今年のコンストラクターズ選手権3位をもらたした。

マクラーレンは、2021年に加入するダニエル・リカルドが新しいチームメイトであるランド・ノリスと仲良くやっていけることを期待しているが、レーシングディレクターを務めるアンドレア・ステラは、新しいラインナップが生産的な協力関係を維持するために、リカルドを適用させる必要があるかもしれないと語る。

「私の観点から最も重要なことは、カルロスとランドの間の高いレベルのコラボレーションを可能にするために作成した条件を維持することだ」とアンドレア・ステラは説明した。

「だが、それらの条件を維持することだけではなく、それらを適応させる必要があるかもしれない。ダニエルはカルロスではないし、ランドとの彼の関係は異なる。似ているかもしれませんが、同じではないので、それを念頭に置き、基準を維持するために適応させる必要がある」

だが、全体として、アンドレア・ステラは、マクラーレンがグリッド上で最もエキサイティングなドライバーラインナップの1つを誇っていると考えている。

「F1で2年間レースをして、カルロスと互角に渡り合ったランドは、スポーツのトップドライバーになるためのあらゆる資質を持っていることを示した」とアンドレア・ステラは付け加えた。

「我々は非常にエキサイティングで競争力のあるドライバーラインナップで2021年に臨む」

マクラーレンのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、ダニエル・リカルドのトロロッソでのF1形成期に一緒に仕事をしており、チームにとってリカルドは素晴らしい「基準点」になると考えている。

「彼は一緒に仕事をするのに優れたドライバーだ」とジェームス・キーは語った。

「彼は私が最後に一緒に仕事をして以来、たくさんの経験と知識を蓄積しており、彼がチームにもたらすものに関して、当時よりも数歩進んでいると思う」

「彼は、実績のあるレースウィナーであり、最高のドライバーと互角に戦えるドライバーだ」

「ダニエルは仲良くやっていくのが非常に簡単だが、彼は非常に決心しており、それはどのチームにもプラスの効果をもたらす」

「彼は我々にとって素晴らしい基準点となるだろう。そして、ランドと一緒に、我々はパドックで最も強力なドライバーの組み合わせの1つを持つことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド / ランド・ノリス