マクラーレンF1、新しいノーズデザインをベースに開発を推進
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、新しいノーズデザインのパフォーマンスはポジティブな結果を示しており、今後の開発を継続していくことを確認した。

メルセデスのコンセプトからインスピレーションを得た新しいノーズは、メインの構造が狭く、ノーズピラーの下が狭くなっており、ノーズ下のケープも高い位置に搭載されている。

新しいノーズは、F1トスカーナGPのフリー走行でカルロス・サインツのマシンで初登場。F1ロシアGPではランド・ノリスは週末を通して使用している。

F1チームが“トークン”を使用することを選択した場合を除き、主要な開発エリアが2020年から2021年まで凍結される9月30日のホモロゲーションの期限が迫っており、マアクラーレンは新しいアップグレードの強気を探求することに熱心だった。

アンドレアス・ザイドルは、計画されたより広範囲のアップグレードの一部であるノーズはマクラーレンを満足させ、チームは計画された開発を進めていくと語る。

「シーズン中盤のホモロゲーションの日付が近づいているので、我々はできるだけ早くそれを経験したかった」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「実際、このパッケージの特定の部分が利用可能になり次第、段階的にテストすることを決定したのはそれが理由だ」

「目標は明確だ。この異なるノーズボックスのコンセプトで風洞で見た開発の方向性は、将来の正しい方向性であると我々が信じているものであり、マシンのより多くのポテンシャルとパフォーマンスを解放するという点で我々に大きな可能性を与える」

「それが我々が向かっている方向だ。現在の計画では、このパッケージのより多くの部分を段階的にトラックに追加し、パフォーマンスを向上させるという明確な目標を掲げている」

現在、マクラーレンは、コンストラクターズランキングで3位につけているが、先週末のF1ロシアGPをノーポイントで終えた後、レーシング・ポイントにわずか2ポイント差まで迫られている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン