マクラーレンF1、MCL35に反人種差別を示すレインボーカラーを追加
マクラーレンF1は、2020年F1マシン『MCL35』にF1の反人種差別活動である「#WeRaceAsOne」のレインボーカラーを追加したリバリーを公開した。

先週、F1は新型コロナウイルスと闘う慈善団体への資金集めを目的としつつ、人種差別と闘い、スポーツの多様性を改善とすることも目的としたイニシアチブ「#WeRaceAsOne」を発表。マクラーレンF1も支持を表明している。

今週末のオーストリアでの2020年F1シーズンの開幕に先立ち、マクラーレンF1はMCL35のカラーリングを調整。ヘイローとサイドポッドに#WeRaceAsOneのレインボーカラーを追加し、ヘイローの内側には「End Racism」を刻印。団結、連帯、希望のメッセージを表した。

マクラーレンF1はグランプリ週末に様々な特別商品も発売し、その収益はすべて#WeRaceAsOneキャンペーンに寄付される。

マクラーレンF1 MCL35 #WeRaceAsOneマクラーレンF1 MCL35 #WeRaceAsOneマクラーレンF1 MCL35 #WeRaceAsOneマクラーレンF1 MCL35 #WeRaceAsOne

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン