マクラーレンF1 「リカルドはナンバー1として加入するわけではない」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、少なくとも自分が担当している限りは、2021年にダニエル・リカルドがナンバー1として加入することはないと語る。

ダニエル・リカルドは、フェラーリに移籍するカルロス・サインツの後任として2021年にマクラーレンに移籍し、ランド・ノリスのチームメイトとなる。

ダニエル・リカルドは、F1で171戦を戦い7勝を挙げた実績があるが、アンドレアス・ザイドルは、リカルドをランド・ノリスよりも優先することはないと語る。

「私がチームボスである限り、シーズン初めに誰も誰もナンバー1になることはない」とアンドレアス・ザイドルは Sky Sports F1 に語った。

「我々が歩んでいる長い道のりがある場合、お互いに同等な2人のドライバーが必要だ。2019年にカルロス・サインツとランド・ノリスで行ったようにね」

「我々はランドとダニエルというまた新たな素晴らしいデュオを起用する。競技面だけでなく、マクラーレンをブランドとして紹介することもできる」

ダニエル・リカルドとランド・ノリスが二人とも愉快な性格であることを考えれば、このペアの関係はサインツとノリスが享受した陽気な絆を築ける可能性が高い。

ランド・ノリスも、ダニエル・リカルドとマクラーレンのガレージスペースを共有することを楽しみにしていると語る。
「そうだね、来年は良いシーズンになると思っているよ!」とランド・ノリスは語る。

「楽しみにしている。僕たちは過去数年にわたってすでにかなりの数の笑いを経験しているし、彼は本当にいい人だ。僕たちはうまくやっている」

「まだ今シーズンが残っている。まずはそれを開始する必要があるけど、カルロスと私の間でうまく終えなけれならない。そのあと僕たちはある意味で来年にむけた新たなスタートを切って異なる挑戦を楽しみにしていくことになる」

「でも、ダニーがチームメイトになることを楽しみにしている。当然ながら、彼は複数のレースウィナーであり、もちろん彼はオーストラリア人なので、とても楽しくなるだろう!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド