マクラーレン、歴史的なF1マシンと本社を担保に資金調達との報道
マクラーレン・グループは、アイルトン・セナらがドライブした歴史的なF1マシンと本社であるマクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)を担保に入れて最大2億7500万ポンド(約360億円)の資金を調達することを議論していると報じられている。

新型コロナウイルス危機により、マクラーレンは財政危機に直面しており、総合金融サービス会社であるJPモルガンとバランスシートを強化する計画に取り組んでいると Sky News は報道。

情報筋によると、マクラーレンは、MTCとアイルトン・セナや創設者のブルース・マクラーレンがドライブした会社保有のコレクションを担保に入れて、2億5000万~2億7500万ポンドの調達を見込んでいるという。

マクラーレンが所有するマシンはそれぞれ数千万ポンドと評価されており、ポートフォリオ全体の価値は2億5000万ポンドを超えると考えられている。また、ウォーキングの本社も、単体で2億ポンド以上の価値があると推定されている。

マクラーレンは、既存または新規の債券保有者から資金を確保して、新しい債券の形で資金を調達する可能性があり、収益が通常のレベルに回復した“最も早い機会”に払い戻されるされている。

新しい資金調達の動きは、政府から1億5000万ポンド(約200億円)の融資要求が拒否されたことを契機に加速していると理解されている。ビジネスエネルギー産業戦略局(BEIS)はマクラーレンが代替資金源を使い果たしたことをまだ証明していないため、アプローチを拒否したと言われている。

F1チームを含めたマクラーレンのレース活動も新型コロナウイルスのパンデミックの影響を大きく受けている。

3月、マクラーレンF1チームの57.7%の株式を保有するバーレーンのムムタラカット・ホールディングが率いる同社の株主は、3億ポンド(約400億円)の現金注入を行った。サウジアラビア生まれの裕福な実業家であるマンスール・オジェを含む小規模株主も、募金活動に参加したと理解されている。

先月の投資家との電話で、マクラーレンの最高財務責任者であるポール・バディンは投資家に「我々は多くの非常に信頼できるソースを調べている。これには第三者、政府を含め、要求できると予想されるすべてのものを含む」と語った。

また、マクラーレンの広報担当者は、「他の多くの英国企業と同様に、マクラーレンは現在のパンデミックの影響を深刻に受け止めており、これらの短期的な事業の中断を回避するために、さまざまな資金調達オプションを模索しています」と語った。

マクラーレンの従業員数は約4,000人で、その大部分が新型コロナウイルスの雇用維持制度に基づいて一時解雇されている。

マクラーレンは英国の主要な輸出業者であり、英国のサプライチェーン全体で数千の仕事をサポートしている。また、英国の技術研究開発への主要な投資家でもある。

しかし、マクラーレンは、トップエンドのロードカーの需要とその他の事業全体の収益の回復の軌跡が不透明なため、追加の資金調達に取り組んでいる。

今年3月、マクラーレン・グループはポール・ウォルシュをエグゼクティブ・チェアマン(執行役会長)に任命。ロンドン証券取引所に上場しているケータリング企業Compassの会長を辞任する予定のポール・ウォルシュの加入は、マクラーレンの株主が最終的に会社を上場することを検討するとの推測を煽っている。

上場が行われる場合、マクラーレンの投資家は20億ポンドをはるかに超える評価額を得る可能性がある。

ザク・ブラウンが率いるF1とインディカー参戦を含めたマクラーレンのレース運営は、グループの年間収益のおよそ20%を占めている。最近、サイバーセキュリティソフトウェアプロバイダーであるダークトレースなどの企業とスポンサー契約を結び、ブリティッシュアメリカンタバコを“プリンシパルパートナーシップ”にアップグレードした。

マクラーレンのロードカー部門は、以前はマクラーレン・オートモーティブと呼ばれた半独立会社だったが、伝説的な元F1ドライバーにちなんで名付けられたセナを含むモデルで世界で最も高価な車を製造している。マイク・フレウィットが運営するこのユニットは、グループの売上の大部分を占めている。

マクラーレンは、2017年にF1チームの最も成功した期間を率いていたロン・デニスの離脱に続いて、各部門を再編した。

ロン・デニスは、英国で最も有名なビジネスマンの1人となり、マクラーレンのテクノロジーベンチャーを商業的パートナーシップを通じて他のさまざまな業界に拡大した。だが、仲間の株主との激しい論争の後、2億7,500万ポンドで持ち株を売却した。

ロン・デニスは、マクラーレンの取締役会に中国の投資家のコンソーシアムから16億5000万ポンドの買収提案を提出したが、役員会からの支持を集めることができなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン