F1:マクラーレン、特例でエンジン変更のためのシャシー変更に許可
マクラーレンは、メルセデスのF1エンジンに切り替えることで特例で“必要な変更”を加えることが許可されている。

F1は、新型コロナウイルスの世界的な大流行によるレース開幕の遅れによって生じる財政負担を軽減するために2021年に予定していた技術規則の1年延期を決断。F1チームは今季のシャシーを“凍結”しなければならない。

昨年、マクラーレンは2021年からエンジンサプライヤーとしてメルセデスと提携することは発表。マクラーレン・メルセデスは過去にチャンピオンを獲得したパートナーシップだが、最後にタイトルを獲得してから12年が経っている。

当初、この契約が2021年の新しいF1レギュレーションからの提携を見据えて締結された。しかし、マクラーレンは予定通り2021年からメルセデスのF1エンジンを搭載することを明言している。

「この決定が2021年のメルセデスパワーユニットへの変更に影響を与えることはない」とマクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは RaceFans に語った。

「これに対応するために、必要な変更をマシンに加えることが許可されている」

これらの変更を除いて、マクラーレンはMCL35のシャシーを変更するおkとはできない。全F1チームは、2022年の大きな変更に先立って、2021年に同じシャシーを維持することを全員一致で決定している。

マクラーレンはメルセデスのF1パワーユニットにどのように対応するのか?
シャシーのデザインは凍結されるが、マクラーレンはF1パワーユニットをマシンの範囲内に収めるために変更を加える必要がある。

内燃エンジンはモノコック/シャシーと組み合わせてマシンの構造的な一部であるため、これらの変更は安全上の理由で行うことができる。

また、使用する新しいパワーユニットとギアボックスの組み合わせは、ウィッシュボーンとトラックロッドのピックアップポイントが異なるため、マクラーレンは2021年のリアサスペンションコンポーネントも再設計する必要がある。また、メルセデスのコンポーネントに適切な量の冷却を供給するためにボディワークを変更する必要もあり、空力的な変更も強いられる可能性がある。

現在、ルノーとホンダのF1エンジンを搭載しているチームは、エンジンの吸気口の上に冷却コンポーネントの一部を取り付けている。これにより、エンジンカバーが大きくなりますが、サイドポッドをよりしっかりとパッケージ化できる。

メルセデスとレーシング・ポイントは、インテークの上にマウントしていないが、同じメルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズは現在そうしている。その点で、マクラーレンは、あまりにも多くの大規模な変更を行うことなく、2021年までパッケージ哲学を継続できる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン