F1
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、レッドブルはカルロス・サインツにとって成功するためには“厳しい”環境だったと語る。

現在25歳のカルロス・サインツは、レッドブルのジュニアプログラムからF1デビューを果たし、2017年までトロロッソで3年間レースを行った後、ルノーにローン移籍。2019年にはマクラーレンに完全移籍を果たした。

「カルロスは我々にとって傑出した存在だ」とザク・ブラウンは Marca にコメント。

「彼はレッドブル/トロ・ロッソの環境で1年契約を結んでいたと思う。レッドブルが素晴らしいチームであることは明らかだが、彼らは自分たちのドライバーに厳しいかもしれません」

「カルロスは彼をサポートするチームがあり、次のレースが彼にとって最後ではないことを知る必要があるドライバーだと思う。それはレッドブルが時々作り出している雰囲気だ」

ザク・ブラウンは、マクラーレンのもう一人のドライバーであるランド・ノリスにも満足していると語る。

「ランドは最年少のイギリス人ドライバーであり、リスクだった」とザク・ブラウンは語った。

「しかし、彼は最初のフリープラクティスから印象的だった。フェルナンド・アロンソとデイトナを24時間走ったときでさえ、どちらが最速であるかという議論があった」

「ランドは挑戦しましたが、彼が最初のプラクティスから準備ができていたことを私はわかっていました。彼は私がフォーミュラ・ルノーのレースのグリッドで彼を見たときと同じくらいリラックスしていた」

「彼は落ち着いていたように思うし、すぐにスピードを示していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レッドブル / カルロス・サインツJr.