F1 マクラーレン「ルノーとの選手権4位争いよりも来季マシンの開発が重要」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、コンストラクターズ選手権4位のポジションを“可能な限り長く”守っていくが、それによって2020年F1マシン『MCL35』の開発計画を損なうようなことをするつもりはないと語る。

F1イタリアGPでは、ランド・ノリスが10入賞でなんとか1ポイントを獲得したマクラーレン。だが、ルノーが4位と5位でフィニッシュしたことで18ポイント差まで迫り、残り7戦で“ベスト・オブ・レスト”の称号をかけた戦いは激化する様相を見せている。

だが、アンドレアス・ザイドルは、マクラーレンとのしてできる限り4位に留まっていきたいものの、最優先は来季マシンの準備だと語る。

「もちろん、我々はこの4位のためにできるだけ長く戦いたいと思っているが、同時に私にとっては来年のマシンで次のステップを果たすことの方がはるかに重要だ」とアンドレアス・ザイドルはコメント。

「突然、今年に焦点を再び切り替えることによって来年を妥協したくはない」

「今年に何をしたいのかについての計画できており、来年の取り組み方についても計画は出来上がっている」

また、マクラーレンの残りのシーズンの計画は、アップグレードプログラムの実装を継続していくことだとアンドレアス・ザイドルは語る。

「少なくとも次の2~3レースでは、大きなアップデートではなく、継続的に小さなものをもたらすパーツを持ち込む予定だ」とアンドレアス・ザイドルは語る。

「来年のマシンと開発側に完全に切り替える時期を見極める必要がある。そこはまだオープンだ」

アンドレアス・ザイドルは、F1がパワーサーキットを後にしてシンガポールのマリーナ・ベイに戻った時には、マクラーレンがパフォーマンスレベルを取り戻すことを期待していると語る。

「1ポイントだけで去り、ルノーが非常に多くのポイントを獲得したことはもちろん残念だ」とアンドレアス・ザイドルは付け加えた。

「チームとして再編成し、リセットし、ピットストップ側で何が起こったのかを詳細に分析することが重要だ。そして、より多くのダウンフォースをもらせるサーキットで競争力の観点からシャットダウン前の状態に戻れることを期待している」

マクラーレンの来季マシン『MCL35』は、今年からテクニカルディレクターとして加入した元トロロッソのジェームス・キーが最初から手掛ける初マシンとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン