F1 マクラーレン
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2019年のシートはまだ2つとも空席であることを認め、フェルナンド・アロンソがチームを離される可能性があることを示唆した。

フェルナンド・アロンソは、今シーズン限りでF1を離れてインディカー転向が噂されており、今シーズン結果を出せていないストフェル・バンドーンはシートそういつの危機が囁かされている。

また、マクラーレンにはランド・ノリスという若手ドライバーがあり、ザク・ブラウンは2019年に他チームに流出させたくないと考えている。

「我々はランドをファミリーに留めたいと思っている。我々は最終的にフェルナンドが何を望むかを待っている。特に我々は再建の状況にあり、経験と若さというパッケージは重要だからんだ」とザク・ブウランは GrandPrix247 にコメント。

ザク・ブラウンのこのコメントは、フェルナンド・アロンソとランド・ノリスが理想的なラインナップであるように聞こえるが、続けて次のように語った。

「我々は2つのオープンなシートがあるというのが現実であり、ピットレーンの様々なドライバーを話をして、できる限りベストなドライバー状況を実現することが我々の仕事だ」

マクラーレンは、カルロス・サインツとエステバン・オコンもドライバー候補に挙げられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン