F1 マクラーレン ニコラス・ラティフィ
マクラーレンは、新株主となったマイケル・ラティフィと、彼の息子であるF2ドライバーのニコラス・ラティフィのキャリアとの関連性を否定した。

マクラーレンは21日(月)、現在フォース・インディアのテストドライバーを務めるニコラス・ラティフィの父親で、カナダの実業家マイケル・ラティフィを新たな株主として迎えたことを発表した。

報道によると、マイケル・ラティフィは、経営するナイダラ(Nidala)を通じて2億ポンド(約297億7,700万円)を投資し、マクラーレンの株式の10%を取得したとされている。

この金銭的なマクラーレンへの関与により、息子のニコラス・ラティフィが2019年以降にマクラーレンでF1デビューを飾る可能性が浮上した。

しかし、マクラーレンの広報担当は、今回の株式譲渡とニコラス・ラティフィのレーシングキャリアは完全に別物だと主張した。

「マイケル・マティフィによるマクラーレンへの投資と、ニコラス・ラティフィのドライバーとしてのキャリアには何の関係もありません」とマクラーレンの広報担当はオランダの Formule 1 にコメント。

「マイケル・ラティフィとマクラーレンとの取引ではそれが条件となっています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン