マクラーレン インディカー・シリーズ
マクラーレンは、2019年にインディカーにフル参戦するとの噂を否定も肯定もしていない。

Sports Business Daily は、マクラーレンの関係者が先週末のインディカー第5戦インディカーGPが行われたインディアナポリス・モーター・スピードウェイを訪問していたと報道。アンドレッティ・オートスポーツ、もしくはレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングとパートナーシップを結ぶ可能性があると伝えた。

昨年、フェルナンド・アロンソはF1モナコGPを欠場してインディ500に参戦。マクラーレンは、アンドレッティ・オートスポーツと組んでフェルナンド・アロンソの挑戦をバックアップしている。

アンドレッティ・オースポーツは、マクラーレンがインディカーへの参戦を計画しているかとの質問に「マクラーレンはパドックにとって貴重な追加となるだろう」と Autosport にコメント。

「2017年のインディ500での我々のパートナーシップは成功したことが証明されているし、我々は再び彼らと協力する機会があれば歓迎する」

「マクラーレンの2019年の計画については、直接マクラーレンに質問するのが最善だろう」

マクラーレンの広報担当はインディカー参戦につて「噂について否定も肯定もすることはできません」と語っている。

マクラーレンのザク・ブラウンは、ザク・ブラウンは、アメリカはマクラーレンにとって“重要なマーケット”であることを認めており、F1の予算が下がれば、他のレースシリーズにチームを参戦させることを検討できると語っている。

「現在、我々はF1の予算制限を評価しているところであり、それらによって他のレースシリーズにより密接に目を向けられるかどうかを理解しようとしている」とザク・ブラウンはコメント。

「ルマンに参戦し、勝利することができれば面白いだろうね。我々の株主はアイデアを気に入っている。財政的に実現可能な場合に限るがね。それらはブランドにとって意味のあることであり、我々はコース上で成功を収めることができるだろう」

フェルナンド・アロンソは、キャリアの目標として世界3大レースでの“3冠”を目標に掲げており、今年はトヨタからル・マン24時間レースに挑戦。ル・マンに勝つことができれば、残りはインディ500の勝利だけとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン