F1 マクラーレン ホンダF1
マクラーレンのエグゼクティブディレクターは、ホンダの過去3年間の苦難は、2000年序盤にF1プログラムに失敗したジャガーの苦難に似ていると述べた。

マクラーレンは、2015年からホンダのF1パワーユニットのパフォーマンスと信頼性不足に苦しみ、昨年限りでパートナーシップを解消。2018年からはルノーのF1パワーユニットを搭載して上位への返り咲きを目指す。

ホンダはマクラーレンとのパートナーシップにおいて、その島国気質とエンジンを開発を加速するために既存のF1経験を受け入れるのが遅すぎると非難された。

ザク・ブラウンは、ホンダがマクラーレンとのパートナーシップで最大限を発揮できなかったことには“多くの理由がある”とし、ホンダが特にF1文化を受け入れることに苦労していたと述べた。

ザク・ブラウンは、それが2000年序盤にF1に参入し、アメリカからオペレーションを監督することに重点を置いたジャガーに似ていると述べた。

「エリック(ブーリエ:レーシングディレクター)は、今年の初めにF1の運営方法、F1文化がどのようなものであるかを話していた。今では彼ら(ホンダ)もそれを認識していると思う」とザク・ブラウンはオートスポーツ・インターナショナル・ショーでコメント。

「ジャガーが参入したときに目にしたものと同じようなことだ。彼らは企業のやり方でそれを行った」

「メルセデスを見れば、彼らはドイツを拠点にしていない。レースチームは英国にあり、エンジン施設も英国にある。ルノーは英国tフランスに分けている」

「おそらくF1の経験、直接的な経験が彼ら((ホンダ)に最も欠けていたことだと思う」

「努力やリソースがないわけではない。施設は素晴らしい。彼らは適切なものを持っていると思う」

「むしろ仕事の仕方だ。彼らはそこにたどり着くと思うが、3年は待つにはあまりに長かった」

昨シーズ、ルノーはエンジンの信頼性に悩まされたが、ザク・ブラウンはルノーとの新しいパートナーシップに“自信を持っている”と語る。

「彼らにはパワーがある」とザク・ブラウンはコメント。

「パワーを上げたときに信頼性の問題はあった。メキシコはセッティングの問題だったが、マックス(フェルスタッペン)はかなり支配的なスタイルでレースに勝ったし、彼らには速いエンジンがある」

「実際、トップ3(エンジン)はかなり拮抗していると思うし、昨年は3社すべてがレースに優勝しているし、3チームの差がそれほど大きくないことは明かだ」

「我々が改善できる部分もいくつかある。我々は完璧ではない。しかし、パワー不足は最大の弱点だったし、ルノーを搭載すればオーストラリア(開幕戦)では大きな違いが見られるはずだ」

「我々はルノーとの関係に満足しているし、人々が慣れ親しんだフィーリドの上位にマクラーレンが返り咲けるはずだと期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダF1