マクラーレン F1
マクラーレンのザク・ブラウンは、2018年F1マシン『MCL33』がパパイヤオレンジのカラーリングを採用する可能性は“非常に高い”と語った。

新車MCL33がバルセロナで公開されるまで2ヵ月を切った。2018年からルノーへとF1パワーユニットを変更するマクラーレンだが、ルノーエンジンの導入はスムーズに進んでおり、チームの全員がコース上でクルマの実力を確認するのを楽しみにしている。

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソがインディ500で採用したマクラーレン・アンドレッティのカラーリングを採用してほしいとの要望が絶え間なく続いていると語る。

マクラーレン MCL33にパパイヤオレンジを採用することについて、ザク・ブラウンは「我々はそれを真剣に検討している」と Marca にコメント。

「来年、我々がカラーリングを変更する可能性は非常に高い」

レーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエによると、ルノーの新型エンジンはここまでうまく機能しており、変更はスムーズに進んでいると語る。

「非常に流動的な変化だったし、我々はそれに満足している」とエリック・ブーリエは語る。

「我々は非常にうまく組織されており、仕事はほぼ完了している。今後はとにかく開発のパフォーマンスが重要だ」

マクラーレンは、ルノーの新しいエンジによって、シミュレーター上で今年よりも少なくとも1秒は速くなるとのデータが出ているという。

「この変更により、チームはモチベーションを高めているし、マクラーレンの全員がメルボルンに行くのを楽しみにしている」

「もちろん、冬にレッドブルが何をやってくるかはわからないし、いくつか変化があるだろう」

「彼らは我々にとってリファレンスポイントだ。我々の目標は来年彼らに挑戦できるポジションにいることだ」

フェルナンド・アロンソもルノーとの新しいスタートを楽しみにしていると語る。

「今年、マクラーレンで目にしたイメージとは非常に異なるものになるだろう」とフェルナンド・アロノソは語る。

「友人、そして、第2の家族に戻るようなものだ。とても良いクルマだ。それについては疑いはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン