マクラーレン ホンダF1
マクラーレンは、ホンダのF1チームへの財政的な貢献が2018年に使用するエンジンの関係には関与しないと述べた。

ホンダは、2015年にF1に復帰した際にマクラーレンと締結した長期契約で年間1億ドル(約113億4000万円)をもたらしているとされ、マクラーレンのF1予算において大きな割合を占めている。そのため、マクラーレンには別のエンジンサプライヤーを使用する余裕はないとされている。

しかし、マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、2018年にホンダを継続するか、ルノーに変更するかは純粋にコース上での競争力に基づいて決断すると述べ、決定は今後2週間で下されると述べた。

「今月が我々が決断する月であり、今月初めには来年の方向性を決定することになる」とザク・ブラウンはコメント。

「非常に複雑であり、我々がコントロールであるものや不可能なものなど、様々なパズルのピースがある」

「競技面でベストな決断を下すことが、マクラーレンにとってベストだ。我々は競技的な決断を下すつもりだ」

「我々は表彰台に上がれないわけにはいかない。多くの要素がある大きな決定だ。経済はそのひとつだ」

「幸い、我々には競技的に意思決断をして経済を扱える非常にコミットメントをした株主がいる。財政的には挑戦ではないし、我々は財政状況の舵をとることができる」

「来週、私自身よりもパワーユニットにより懸命なスタッフとじっくりと検討するつもりだ。ホンダンのプラン、彼らがどのようなことを成し遂げてきたか確認していく」

「我々がやっていることにはどれもリスク要因が伴うが、それがF1だ」

「現在、我々は2018年シャシーに着手しているが、その後部に搭載されるパワーユニットを知らなければ、大きく進めていくことはできない」

マクラーレンは、フェルナンド・アロンソと2018年の契約について交渉を進めており、チームの競争力がフェルナンド・アロンソの決定が中心になると考えられている。一部報道では、フェルナンド・アロンソはホンダからルノーに変更する場合のみマクラーレンに残留するとチームに伝えたとされている。

しかし、ザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソを納得させられない場合に備えて、マクラーレンは他の計画を念頭に置いておく必要があることを認識していると付け加えた。

「フェルナンドは我々に最後通告はしていない。彼が望んでいるのは競争力のあるマシンだけだ」とザク・ブラウンはコメント。

「今週末、彼とより多くの時間を過ごすつもりだし、彼の決定は、我々が競争的になるかどうかに基づいていくだろう。彼は願望のなかにエンジンスペックはない」

「彼はまだ我々の契約をしていないし、交渉は進行中だ。それはとてもうまくいっているが、我々は合意に達しない場合のプランBやプランCを持っていなければならない。我々にはそのプランがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1