マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは、2017年F1シーズンから実施されるパワーユニットの供給を義務付ける規約についてFIAと交渉を行っている。

数カ月に及ぶ交渉の後、F1チーム代表は、2017年から2020年までのコスト、供給、パフォーマンス収束、エンジンのノイズについて合意に達した。

FIAは、メーカーに対し、エンジンを必要とするチームに供給する最少カスタマーを強制することができ、現段階ではホンダがそのメーカーに該当する。

ホンダは、供給を強制されるそのアイデアに満足していないが、来シーズンに要求されれば、2つ目のチームに供給する準備はできているとしている。

一方で、マクラーレンのロン・デニスは、マクラーレン・ホンダはワールドチャンピオンを獲得してはじめて2つ目のチームへの供給を考えるとしている。

FIAとの交渉について質問されたホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は「義務とカスタマー供給に集中しました」とコメント。

「当然、彼ら(マクラーレン)は他チームにリソースを割きたくないですし、それには私も同意です」

「彼らはライバルを改善したくはありません。ホンダは義務を押し付けられたくありません」

「しかし、それがレギュレーションですし、我々はこのF1活動をサポートすることに満足しています」

エリック・ブーリエは、FIAとエンジン規約に関して交渉が進行中だと述べた。

「現在、まだFIAとこの規約について交渉している。もしくは、この合意はFIAとエンジンメーカーとの間でのものと言えよう」

「その大部分には合意している。だが、まだ交渉する可能えいがある条項がいくつかある」

「我々には意見があるし、立場がある」

「我々はスポーツにホンダと多くの投資しているし、まもなく競争的な第4のパワーユニットメーカーになることを確実にしようとしています」

「それが理由で我々は議論をしているし、どの都度、少し異なる意見があるかもしれない」

長谷川祐介は、昨シーズンのホンダの信頼性とパフォーマンス不足へのプレッシャーが高まった3月に新井康久からF1プロジェクト総責任者の役割を引き継いだ。

今年、信頼性は改善し、パフォーマンスも徐々に改善している。長谷川祐介は、その進歩に満足していると語る。

「現在、とても満足しています。彼ら(マクラーレン)は私をとても信頼してくれていると感じています」

「現在のパフォーマンスは昨年の経験に基づいています。今年、昨年のような結果は望んでいません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1