松下信治
マクラーレン・ホンダは、松下信治をF1テスト兼開発ドライバーとして新たにチームへ加わることを発表した。

松下信治は、今年もARTグランプリからGP2に参戦することが決定している。今回決定したF1テスト兼開発ドライバーとしての新たな活躍の場を広げることは、ホンダが「マクラーレン・レーシング」と協調してモータースポーツ界で活躍する若手ドライバーの発掘・育成を目的に展開する「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」の一環となる。

松下信治
「昨シーズンのGP2シリーズ参戦は初めての海外レースとなりましたが、日本で培った、Hondaのプロジェクトをはじめとした経験が活かされたと思っています。今回、名門チームであるMcLaren‐Hondaの一員になることができ、とてもうれしいです。幼い頃からずっと憧れていたF1の世界に足を踏み入れることは、私にとって大きな意味を持ちます。テスト兼開発ドライバーは、シミュレーターなどを通じ、必要なデータを収集し、マシン開発やレースドライバーのマシンセットアップに活かす役割を担っているので、McLaren‐Hondaの戦力となるべく、全力を尽くします。また、今シーズンのGP2での目標はタイトル獲得です。F1ドライバーになる夢に向かって着実に前進し、将来は世界で活躍するトップドライバーになりたいです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダF1