マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは、今週末のF1イタリアGPで旧型のロングノーズを搭載する。

マクラーレン・ホンダは、第8戦 F1オーストリアGPでまずフェルナンド・アロンソのマシンにショートノーズを投入。次戦F1イギリスGPからは2台揃ってショートノーズパッケージを走らせている。

しかし、低ドラッグの空力パッケージが求められる今週末のモンツァでは、旧型のロングノーズを用意。

ただし、旧型を使用するのは今回のF1イタリアGPのみで、次のF1シンガポールGPでは再びショートノーズに戻すとしている。

マクラーレン・ホンダは、F1イタリアGPで両ドライバーに9基目のパワーユニットを投入するとしており、少なくとも10グリッド降格ペナルティが科せられることになる。

今季、マクラーレン・ホンダはいまだQ3に進出しておらず、予選最高位はジェンソン・バトンの12番手となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダF1 | F1イタリアGP