マクラーレンは
マクラーレンは、GP2チームがカスタマーカーでF1にステップアップできる機会を歓迎している。

今シーズン、ビッグチームは小規模チームにシャシーを供給するアイデアについて詳細に議論しているが、現在のグリッドはそのアイデアについて意見が分かれている。

AUTOSPORT は、F1ファンにアンケートを実施。ファンの62%がカスタマーカーに賛成であるとの結果が出ている。

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、そのような取引によってARTのようなGP2チームが利益を得ると考えてる。

マクラーレンとホンダと関係のあるARTでは、マクラーレンの育成ドライバーであるストフェル・バンドーンがGP2の首位に立っている。

「我々はARTのようなGP2チームが、2台のマクラーレンを購入、もしくは借りることができるというアイデアを気に入っている」

「あらゆる投資をすることなく、彼らはすぐに競争的になれるだろう」

「それはショーを良くするだろうし、我々の2人のマクラーレン若手ドライバーであるケビン・マグヌッセンとストフェルにチャンスを与えるだろう」

「今日の問題のひとつは、競争的になるためのコストだ」

「法外なコストをかけることなく、グリッドにより競争的なクルマを並べられるソリューションだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / GP2