マクラーレン・ホンダ ショートノーズ
マクラーレン・ホンダは、F1オーストリアGP初日のフリー走行で“ショートノーズ”を含めたアップデートパッケージを投入した。

今季は、複数のチームが、空力的な効果を狙ってショートノーズを採用。しかし、ショートノーズは、FIAのクラッシュテストに合格するのが困難であり、マクラーレン・ホンダも複数回にわたってテストに不合格となっていた。

F1オーストリアGPでは、ショートノーズ版のパッケージが一台分しか用意できず、フェルナンド・アロンソのマシンに装着された。

マクラーレン・ホンダ MP4-30のショートノーズは、ウィリアムズなどが採用するノーズと同じように先端に突起がついている。また、このノーズに合わせてリアウイングを含めてマシン全体のパッケージに変更が施されている。

マクラーレン・ホンダ ショートノーズ Mclaren Short Nose Mclaren Honda MP4-30 Short NoseNew Mclaren Honda MP4-30
↑ショートノーズ ↓従来ノーズMclaren Honda MP4-30

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダF1 | F1マシン