マクラーレン
マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは、2014年にドライバーラインナップを変更する予定はないと主張する。

ジェンソン・バトンは、F1ベルギーGPの場でまだマクラーレンが彼のオプションを行使しないことを明かし、移籍についての憶測が広まった。

2010年にマクラーレンに加入したジェンソン・バトンは、2011年に新たに複数年契約を結んでいる。

マクラーレンは2014年のジェンソン・バトン残留のオプションを有しているが、そこにはチームのパフォーマンス条項が盛り込まれているとみられている。

セルジオ・ペレスが、ザウバーで2シーズン過ごした後、今年ルイス・ハミルトンの後任としてマクラーレンに加入した。

マーティン・ウィットマーシュは、両ドライバーが残留するとは明言しなかったが、2014年も現行ドライバーを保持したいとの意向を示した。

「二人とも、もう1年やるに値すると思っている」とマーティン・ウィットマーシュはコメント。

「彼らは十分に良い仕事をしているし、良いペアだ」

「彼らは、来年もマクラーレンに相応しいし、それが我々が彼らに望んでいることだ」

セルジオ・ペレスは、残留するとみられており、ジェンソン・バトンもマクラーレンを離れる意向は示していない。

「来年もここにいたいけど、まだチームからその確証は得ていない。待たなければならない」とジェンソン・バトンはコメント。

「将来について多くの魅力があるのは確かだ」

「非常に刺激的だし、新しい挑戦だ」

「来シーズンにさえ、興奮している」

マクラーレンは、2015年からホンダのエンジンを搭載し、マクラーレン・ホンダとしての参戦が決まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン