フェリペ・マッサ ウィリアムズF1 ベルギーグランプリ
ウィリアムズのフェリペ・マッサは、F1ベルギーGPのフリー走行3回目にイエローフラッグで十分に減速しなかったとして決勝で5グリッド降格ペナルティを科せられた。

前戦F1ハンガリーGPでの体調不良から復帰したフェリペ・マッサは、フリー走行1回目のインスタレーションラップでクラッシュ。初日にタイムを記録できないまま土曜日を迎えた。

午前中のフリー走行3回目でフェリペ・マッサはダブルイエロー区間で減速することができず、スチュワードの事情聴取の後、5グリッド降格ペナルティを科せられた。

この決定は、ビデオおよびテレメトリー上でダブルイエロー区間でフェリペ・マッサが大幅にスピードを落としたことが確認できなかったために下された。

また、フェリペ・マッサには3点のペナルティポイントも科せられた。

F1ベルギーGPでは、フェリペ・マッサの他にパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンがギアボックス交換により5グリッド降格、ストフェル・バンドーンがパワーユニットとギアボックス交換で65グリッド降格が決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ | ウィリアムズ | F1ベルギーGP