マルシャ
ロシアのスポーツカーメーカーであるマルシャ・モーターズは、自動車事業を廃止し、F1チームのオーナーシップを手放した。

ニコライ・フォメンコが率いるマルシャ・モーターズは、世界中の潜在的な買い手にスーパーカーのB1およびB2を販売する手段として、2010年ヴァージンF1チームの過半数株式を取得した。

ロシアの R-Sport は、マルシャ・モーターズのスタッフが「大挙して同社を離れ、政府の技術研究所に転職したという」と報道。

マルシャF1チームの広報担当トレーシー・ノヴァクは「スーパーカー・プロジェクトは野心的でしたが、市場を創ることはできなかったのは期待外れでした」とコメント。

「F1チームの運営には何の影響もありません」

トレーシー・ノヴァクによると、F1チームは、マルシャ・モーターズに代わって、マルシャ・コミュニケーションズ・リミテッドがチームを所有するという。

「2社の間には、財政的もしくは技術的な関係はありません」と述べた。

「F1チームは、しばらく前から独自に運営していました」

最近、マルシャ・モーターズのニコライ・フォメンコが、ゾラン・ステファノビッチとF1チーム売却について交渉していると報じられたが、トレーシー・ノヴァクはマルシャの将来が不確実であるとの見方を否定した。

「F1チームは2014年前向きなスタートをきり、レーシングの野心の追及における継続的な成功を楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マルシャ