ジュール・ビアンキ
マルシャは、ルイス・ラジアとの契約を解消し、2013年のレースドライバーとしてジュール・ビアンキを起用することを発表した。

マルシャは、財政問題が噂されていたルイス・ラジアとの契約を打ち切ることを発表。代わりにジュール・ビアンキを2013年のレースドライバーに起用することを発表した。

ジュール・ビアンキは、今週のバルセロナテストの残り2日間にMR02でのテストを担当し、メルボルンでの開幕戦に備える。

ジョン・ブース (マルシャ チーム代表)
「ジュール・ビアンキをマルシャF1チームに迎えることを非常に嬉しく思っている。ジュールは、パドックで高く評価された才能の持ち主だ。彼はF1にむけて明白な軌道に乗り、様々なフィーダー・シリーズで印象的なパフォーマンスを成し遂げてきた。特にフォース・インディアのリザーブドライバーも務めていた2012年シーズンのフォーミュラ・ルノー3.5は印象的だった。彼はフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であり、彼の血統には冬の間にいくつかのチームが注目していた」

「我々はルイス・ラジアとの契約を解除しなければならない状況にいることに気付いた。我々が2013年に働いていかなければならない基準を明白にし、新しい構造を実施するためのステップを考えれば選択肢はなかった。だが、チームプリンパルとしての事実を述べれば、長期的な将来を確保するための鍵でもあった」

「今後は残りのテストプログラムに集中することができるし、我々のチームにとって有望なシーズンにするために準備をしていく。ジュールは、今後2日間にここバルセロナでチームへの非常に迅速な加入を楽しみにすることができる。最新の空力構成で両方のドライバーが走行できるように1.5日の走行を予定している」

ジュール・ビアンキ
「マルシャF1チームのレースシートを獲得できたことに興奮している。今シーズンF1でレースをすることが冬の間の目標だったし、いくつかのオプションを評価した後、僕がレースキャリアの次のステップにむけて準備ができていることを証明することができるこのチャンスにとても興奮している。また、いつも僕をサポートし、この刺激的なチャレンジに完全に準備を整えられるようにレースドライバーとして成熟する可能性を与えてくれたフェラーリ・ドライバー・アカデミーにもとても感謝している。シーズンにむけての準備で今後2週間は信じられないくらい忙しくなるだろうけど、明日MR02での初日をスタートする準備はできている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マルシャ | ジュール・ビアンキ | ルイス・ラジア