ティモ・グロック
マルシャのテクニカルディレクターに就任したパット・シモンズは、ティモ・グロックの放出はお金が必要だったためだろいうことを認めた。

マルシャは土壇場でティモ・グロックの放出を決定。2013年、マルシャは、マックス・チルトンとルイス・ラジアという新人ペイドライバーコンビで戦う。

「レッドブルにとって100万ドルはほとんど影響はない」とパット・シモンズは Auto Motor und Sport に述べた。

「だが、我々にとっては異なる」

マルシャは、スポンサーをもたらすドライバーが必要だったため、給料をもらうティモ・グロックを放出したことを公然と認めている。

「ティモには脱帽しなければならない」とパット・シモンズは述べた。

「彼は我々の状況を理解し、彼が去ることで100人の仕事を助けることができるのであれば、別のドライバーのために場所を空けると我々に話した」

しかし、パット・シモンズは、ティモ・グロックを放出しなければならなかったことを残念に思っている。

「彼は素晴らしいドライバーだ。彼の経験とフィードバックは、クルマの開発を大変助けてくれた」

「それに彼は難しいコンディションで素晴らしかった。ドライトラックでは(シャルル)ピックの0.3〜0.5秒前だった。しかし、ブラジルでの最終戦のような難しいコンディションでは1.5秒前だった」

マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは、元チームのドライバーであるヘイキ・コバライネンがF1に残れるように働きかけていたことを認め、現在の“ペイドライバー”の状況はF1にとって「残念なこと」だと述べた。

「そのような余裕があるドライバーにとっては刺激的だ」とマーティン・ウィットマーシュはコメント。

「だが、私の意見では、ここはモータースポーツのトップだ」

「生き残ることが困難なチームがいるのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マルシャ | ティモ・グロック