チーム・ロータス T128
Team Lotus T128
チーム・ロータスの2011年F1マシン「T128」。2011年のロータスのF1マシンは、ルノー製エンジンとレッドブル・テクノロジー製のギアボックスを搭載する。

チーム・ロータス T128 主要諸元表

エンジンルノー製V8、RS27-2011
シャシーマテリアルカーボンファイバー
ボディワークマテリアルカーボンファイバー
フロントサスペンションカーボンファイバー
リアサスペンションカーボンファイバー
ダンパーペンスキー&マルチマチック製
ステアリングチーム・ロータス製
ギアボックスレッドブル・テクノロジー製
クラッチAP製 カーボン・マルチプレート
ディスクヒトコ
キャリパーAP製
パッドヒトコ
冷却システムチーム・ロータス製
コックピット機器MES製
シートベルトシュロス製
ステアリングホイールチーム・ロータス製
ドライバーシートチーム・ロータス製
消火システムFEV製
ホイールBBS チーム・ロータス仕様
燃料セルATL製
バッテリーユアサ製
燃料供給トタル
潤滑油供給N/A
ホイールベース3,000mm以上
全長約5,000mm
全高950mm

チーム・ロータス T128 (画像)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム | F1マシン