ロータス F1マシン
ロータスは、2010年F1マシンのシャシーの製造を開始した。

風洞モデルに関してフォース・インディアとの論争を繰り広げているロータスだが、ドイツにあるのカプリコーン有限会社でシャシーの生産をスタートさせた。マシンは、マイク・ガスコインのもとケルンで設計された。

「これまでのように、うまくいって部分もあれば、少し遅れているエリアもある。しかし、全体的にクルマに関してはほぼ狙い通りだ」とガスコインは語る。

「我々は先週初のシャシーを作り始めた。スケジュール通りだ。1月の第一週には作業場に入り、2月の第二週にジェイクダウンすることを目標にしている。常に予定していたことだし、良かったよ」

「先週なども風洞モデルでテストを行っていたし、プログラムは稼働しており、早くから多くの進歩を遂げている。技術的には良い状態にある。雇用もすべて行われている。やることは多いね。付随的なもの、ドライバー、契約、コマーシャル面などが殺到しているよ」

ロータス F1マシンを製造開始

ロータス F1マシン シャシー第一号 ロータス F1マシン モノコック・アッパー

関連:
ロータス、T127を発表 - 2010年2月13日
ロータス T127 (主要諸元)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム