ロータス T127
Lotus Cosworth T127
ロータスの2010年F1マシン「T127」。ロータスの名前がF1に復活。カラーリングはロータスの伝統であるグリーンとイエローを採用。エンジンは、コスワースCA2010を搭載する。

設計はマイク・ガスコインが担当。サイドポッドはあまりローバックダウンされておらず、ボディワークは非常にシンプルだが、フロントウイングは非常に複雑な構造を採用している。ノーズは高く、先端は短い。

ロータス T127 主要諸元表

エンジンコスワース V8 CA2010
シャシーマテリアルカーボンファイバー
ボディワークマテリアルカーボンファイバー
フロントサスペンションカーボンファイバー
リアサスペンションカーボンファイバー
ダンパーペンスキー
ステアリングロータス
ギアボックスX-Trac
クラッチAP カーボン・マルチプレート
ディスクヒトコ
キャリパーAP
パッドヒトコ
冷却システムロータス製
コックピット機器MES
シートベルトスパルコ サベルト
ステアリングホイールロータス
ドライバーシートロータス
消火システムFEV
ホイールBBS ロータス仕様
燃料セルATL
バッテリーユアサ
燃料供給N/A
潤滑油供給N/A
ホイールベース3,000mm以上
全長N/A
全高950mm

T127 (正面)T127 サイド

関連:ロータス、T127を発表 - 2010年2月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム | F1マシン