ロータス
ロータスは、訴訟を起こしたサプライヤーとの間に和解が成立させ、管財措置命令を受けることを免れたようだ。

7月初旬、ロンドンの裁判所の広報官が、債権者がロータスに対して破産宣告を行うよう申し立てを行ったという報道を認めていた。

訴えを起こしたのはトランスミッションの製造会社であるエクストラック社であることも確認されている。

この裁判に関して、7月20日(月)まで審理が中断されることになっていたが、これはロータスとエクストラックが問題解決に向けての交渉を行わせることが目的だったと考えられている。

だが、17日(金)の時点では、ロータスF1チームは依然として裁判所の“会社清算リスト”に記載されていた。

審理は20日(月)に再開されたが、ロータスへの会社清算手続き開始命令は再び延期されることになったという。

El Mundo Deportivo は「ロータスはエクストラックとの間で合意に至った」と報道。

「これは両者に長期的にわたって高額の費用がかかる裁判を継続することを避けたいという思惑があったためだ」

「さらにロータスは裁判官からの要請に応じ、他の債務者たちにも支払いを行った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス