F1カタールGP、2021年シーズン後半の代替開催地に浮上
2021年のF1世界選手権は引き続き新型コロナウイルスの影響を受けており、シーズン後半のいくつかのグランプリの開催に暗雲が立ち込めるなか、カタールが潜在的な代替レース地として浮上した。

オランダ当局がすでに9月初旬に1日あたりザントフォールトに105,000人の観客を収容するために必要なすべての許可をレース主催者に与えているでF1オランダGPさえ、新たな不確実性が生じている。

オランダ紙 De Telegraaf は「現在、労働者はすべての一時的なホスピタリティエリアとスタンドの建設と準備に忙しいが、コロナウイルス感染率が高く、現在の数日間のイベントは8月14日まで一時停止しているため、不確実性がある」と伝えた。

F1オーストラリアGPはすでにキャンセルされており、特に9月に富士で予定されていたWEC(FIA 世界耐久選手権選手権)が中止となったF1日本GPの開催も懸念されている。

オリンピックから観客がほとんど締め出される日本では、10月にもてぎで予定されていたMotoGPのレースの中止が決定している。

「我々の情報によると、鈴鹿についての決定は8月10日までに行われなければなりません」と Auto Motor und Sport は伝えている。

オースティンでの2回のレースを開催することは1つの解決策かもしれませんが、F1ブラジルGPについても懸念がある。ブラジルでは、1日あたり最大50,000件の新型コロナウイルス感染者と1500人の死者が出ている。

「しかし、サンパウロは絶対にグランプリを開催したいと思っている」と Auto Motor und Sport は主張している。

「契約上の理由から、F1がレースをカレンダーから外すことは困難だ」

それにもかかわらず、F1は、制限の少ない中東地域でレースを開催するバックアップ計画に取り組んでいます。

「それは論理的に理にかなっているだろう。ロジスティックだけでなく、コロナに関してもこの地域でキャンセルされるリスクは低い。」

バーレーンでのもうひとつレースを開催することも選択肢だが、新しい候補地としてカタールが浮上している。

Auto Motor und Sport によると、サウジアラビアの隣国は「長い間グランプリを獲得しようとしていた」としており、「ドーハ郊外のロサイル・インターナショナル・サーキットでレースをするようにスポーツを説得するための交渉ですでに多額の資金が提供されていると聞いている」と伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア