F1:浮き彫りになった現体制のリーダーシップの欠如
新型コロナウイルスの脅威に対する2020年のF1オーストラリアGPの中止を巡る12時間は、F1の現体制のリーダーシップの欠如を浮き彫りにし、恥ずべきイメージを世界中に発信した。

世界中の多くのスポーツが新型コロナウイルスの影響を鑑みて速やかに中止・延期の決断を取っていく中、F1はマクラーレンのスタッフに感染者が出たにも関わらず、F1オーストラリアGPを強行しようとした。

元ブリヂストンのトラック・エンジニアリング・オペレーションズ責任者を務めたキース・ファン・デ・グリントは、そもそもF1サーカスがオーストラリアに移動したことすら疑問視している。

「F1がメルボルンに行くと言ったのはクレイジーだったと思う。まるでごく最近に組織化されたみたいだ。お金がリードしている。人々はそのために非常に遠くまで行く準備ができている」とキース・ファン・デ・グリントはコメント。

キース・ファン・デ・グリントは、バーニー・エクレストンと前FIA会長のマックス・モズレーのリーダーシップの下ではここまで到達していなかったのではないかと考えている。

「エクレストンとモズレーを称賛したくはない。だが、少なくとも彼らは必要に応じて行動することを恐れなかった」

リーダーシップ、勇気、大胆さ。それは過去数週間、数日間でFIAとリバティ・メディアから痛いほど欠落していた。F1中国GPが早い段階で“延期”されたという事実は、新型コロナウイルスが中国に端を発していることを考えれば、それほど勇敢な決断ではなかった。

だが、致命的な新型コロナウイルスが世界的に大流行しているにも関わらず、FIAとリバティ・メディアの両方がF1カレンダーに介入されることを拒んだことは恥ずべきことだと言える。いくつかのレースシリーズは、過去数週間、数日間でイベントを速やかにキャンセルした。だが、F1は、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが口を滑らせたように、それをインフルエンザの一種であるかのように扱った。

F1オーストラリアGPの金曜日の朝でさえ、ビジョンとリーダーシップの欠片も見られなかった。マクラーレンがチームメンバーが新型コロナウイルスに感染したことで欠場を余儀なくされたにも関わらず、12時間が経っても開催を継続しようとした。そして、ジャン・トッドとチェイス・キャリーはその場にいなかった。

ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、F1は醜態をさらしたと語る。

「今、F1が発信しているイメージを恥ずかしく思う。我々はスポーツのイメージに注意を払う必要がある」とシリル・アビテブールはメルボルンで語った。

「新型コロナウイルスは世界的な問題であり、我々はチーム、ファン、観客、スポンサー、そして、自分たち自身に注意を払う必要がある。それにスポーツのイメージも監視しなければならない。我々には模範的な機能がある。世界中で渡航が制限され、我々は世界中を歩きまわっている。もちろん、私だってすべてのレースを継続したいと思っている。ただし、それは良好な条件下でのみ可能になるはずだ」

幸いなことにルイス・ハミルトンとキミ・ライコネンにはそのような心と常識がある。

ルイス・ハミルトンは「僕たち全員がこの部屋にいることにショックを受けている」と木曜日の記者会見の場で語った。「金の亡者だ。死なずに週末を乗り切れることを願っている」

キミ・ライコネンは「ここにいることが僕たちにとって正しい選択かどうかはわからないけど、たぶん正しいことではない」と付け加えた。

F1は沈黙を貫いて金曜日にフリー走行を強行しようとしたが、最終的にメルセデスのプレスリリースによってそれは打ち砕かれた。

キース・ファン・デ・グリントは「金がルールだ。特にディートリッヒ・マテシッツやローレンス・ストロールのような億万長者のボスにとってはね」と最後まで出走を望んでいたレッドブルとレーシング・ポイントのオーナーに言及した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / FIA