F1
F1は、スペインの放送局『Movistar+』と新たなテレビ契約を締結。契約の一環として、少なくとも2020年末までデジタル配信の権利とコンテンツを提供する。

Movistar+は、2014年にF1のテレビ放映権を獲得。新たな契約により、今後3年間にわたってフリー走行、予選、レースとF1全セッションをライブ中継することになった。

また、F1との契約には新たにデジタル配信の権利も含まれている。F1の新オーナーであるリバティメディアは、テレビとソーシャルメディアの両方の配信エリアを拡大し、多くの視聴者にリーチすることを望んでいる。

以前はテレビチャンネル以外のデジテルプラットフォームでライブ配信を放映することは許されていなかったが、新しい契約により、Movistarはソーシャルメディアとデジタルチャンネルでビデオクリップや短いライブビデオを配信することが可能になる。

メディアライツディレクターのイアン・ホームズは「スペインはF1にとって最も重要なヨーロッパ市場のひとつであり、このパートナーシップのおかげで、スペインのファンは、専門チャンネルのMovistar F1でモータースポーツの最高峰が提供するスペクタクルを24時間いつでも楽しむことができる」とコメント。

「また、我々はMovistar+のデジタルおよびソーシャルメディアプラットフォーム全体に配信する独占コンテンツを制作していく。それはファンベースとエンゲージメントを拡大することに役立つだろう」

Movistar+のコンテンツマネジャーを務めるアレックス・マルチネス・ローチは、F1のファンベースを拡大するためにより多くの視聴者にリーチするという目標をF1と共有していると述べた。

「我々は、F1ファンベースを拡大し、その最大の期待に応えるという具体的な目標を掲げて、F1と野心的なプロジェクトを構築していく準備ができている」とアレックス・マルチネス・ローチはコメント。

「ファンの大半はハイテクに精通した視聴者であり、そのオンライン環境は大きな飛躍が期待されており、我々が探究したいニッチな層だ」

スペインの契約はリバティメディアがF1の権利を買収して以来、5つ目の新しいテレビ契約となる。オーストラリア、フランス、ドイツ、アメリカが2018年に新しい契約を結んでいる。

日本ではフジテレビがCSチャンネルでF1を放送しているが、デジタル配信とソーシャルメディアの分野では海外に比べると遅れをとっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア | テレビ放送