F1 フォーミュラ1
F1はグリッドガールの将来について熟考を重ねており、F1上層部はグリッドガールを継続したい意向ではあるものの、より関連性のある役割を与えることを検討している。

伝統的にF1では各国の美女たちがドライバーのネームボードを持ってグリッドに花を添えてきた。しかし、近年では“グリッドガール”が女性差別を助長するとして廃止を求める声が高まっている。

F1のグローバースポンサーシップ&コマーシャルパートナーシップの責任者を務めるマレー・バネットは、この問題を再検討しているが、グリッドガールを改善に排除する可能性は低いと語る。

「我々はグリッドガールを検討し、クルマの隣に立ってボードを掲げるだけでなく、競争のなかでより関連性の高い役割を与えることに100%コミットしている」とマレー・バネットは Marketing Week に語った。

「我々は彼女らをプログラムに完全に融合し、彼女たちがスポーツがどのように関与しているかの認識を変えたいと思っている」

「どのようになるかをまだ断言できないが、我々はより進歩的になる必要があると認識している」

興味深いことに、マレー・バネットは、女性だけのF1シリーズを立ち上げるかどうかについてF1内で議論が存在していることを明らかにした。

「女性のF1競技を別にするか、それとも過去に女性ドライバーが性別に関係なく参加していたように完全に統合したままにするかについて激しい議論がある」

「F1の上級管理職には多くの女性がいるし、みなさんが考えているほど悪い状況ではない。だが、成長する余地はかなりある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア