リバティ・メディアの2019年05月のF1情報を一覧表示します。

F1、マラケシュでのモロッコGP開催について協議

2019年5月17日
F1 モロッコGP マラケシュ
F1のコマーシャルディレクターを務めるショーン・ブラッチズは、F1モロッコGPの復活についてマラケシュの関係者と協議中であることを確認した。

先週、2020年からF1オランダGPが復活することが発表されたばかりだが、リバティ・メディアは次の候補地としてアフリアに照準を定めているようだ。

F1 | 2020年のF1カレンダーは既存の2つの開催地の脱落が現実味

2019年5月10日
F1 2020年のF1世界選手権
F1の最高経営席責任者であるチェイス・ケアリーは、2020年のF1カレンダーから既存の2つのグランプリが脱落する可能性が高いことを明らかにした。

2020年のF1世界選手権は、すでにF1ベトナムGPが追加されることが確認されており、また、ザントフォールトでのF1オランダGPの復活も合意に近づいているとされている。

フェラーリ、トト・ヴォルフのF1のCEO就任に拒否権?

2019年5月9日
F1 フェラーリ トト・ヴォルフ
フェラーリは、現メルセデスのF1チーム代表のトト・ヴォルフがF1の最高経営責任者(CEO)就任に拒否権を発動することになるかもしれない。

RaceFans は、2021年にトト・ヴォルフがチェイス・ケアリーに代わってF1のCEOに就任する可能性があり、リバティ・メディアでそれが議論されていると報じた。

トト・ヴォルフ、2021年にF1の最高責任者に就任?

2019年5月9日
F1 メルセデス トト・ヴォルフ
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフが、メルセデスとの契約が2020年末に期限を迎えた後、チャイス・ケアリーの後任としてF1グループの最高責任者を務める可能性が報じられている。

メルセデスAMG F1チームの株式は、トト・ヴォルフが40%、ニキ・ラウダが10%、残りのメルセデスの親会社であるダイムラーが保有しているが、事前の決められた評価額でダイムラーはその40%を取得することができるとされている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム