F1 2020年のF1世界選手権
F1の最高経営席責任者であるチェイス・キャリーは、2020年のF1カレンダーから既存の2つのグランプリが脱落する可能性が高いことを明らかにした。

2020年のF1世界選手権は、すでにF1ベトナムGPが追加されることが確認されており、また、ザントフォールトでのF1オランダGPの復活も合意に近づいているとされている。

チェイス・キャリーは、2020年のF1カレンダーから脱落するであろう開催地を挙げてはいないが、2つの開催地の契約が今シーズン限りで終了する可能性が高いことを示唆した。

すでにモンツァでのF1イタリアGPは契約延長に近づいていることが示唆されているが、シルバーストーン、ホッケンハイム、メキシコ、バルセロナは今シーズンが契約の最終期限となっており、バルセロナはカレンダーから脱落する可能性が高いと報じられている。

「我々は2020年のレースカレンダーの確定を進めている」とチェイス・キャリーはコメント。

「原則として2つの更新について合意を得ており、他の3つの更新にも積極的に取り組んでいる。さらに、ハノイでのレースをすでに発表しており、トラックと施設の建設が始まっている」

「ハノイは世界で最もユニークで挑戦的なレースコースの1つであり、22のコーナーといくかのロングストレートがある。設計には我々が密接に関わってきた。数週間前にハノイに行ったが、興奮は明白だった」

「ハノイに加え、2020年に我々のカレンダーに新たなサーキットを追加することも原則的に合意している。我々は2020年にレースの数を確定していないが、今のところ、2019年と同じ21戦になると予想ている」

「その数学は、我々が現在のすべてのレースを更新することができないということを意味している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア